肝炎とは肝臓が何らかの原因により炎症を起こした状態で、赤くはれて熱を持ち、また、さわると痛みを感じます。そして、全身の倦怠感、食欲低下、嘔吐、黄疸などの症状がある肝臓疾患の総称です。

原因としては、ウィルス性(A型、B型、C型、D型、E型、その他)肝炎、アルコール性肝炎、非アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変などがあります。日本人の肝炎の約80%はウィルス性による肝炎といわれています。

また、原因は異なっていても、発疹の仕方や症状の経過により、突発的に発症し一過性の急性肝炎、6ヶ月以上にわたって肝細胞の破壊と再生が繰り返される慢性肝炎、急性肝炎のうち特に重篤な症状の劇症肝炎の3つに分類されます。

急性肝炎は一般的にウィルス感染で生じ、かぜのような、発熱、頭痛、関節痛、全身の倦怠感、食欲不振、胃部の不快感、嘔吐などにはじまり、黄疸とともに急性の肝障害を起こすものをいいます。

ウィルス性肝炎はウィルスが体内に入り込むことが原因ですが、肝臓に住み着いたウィルスが直接肝細胞を破壊するのではありません。そのため、肝炎ウィルスを体内に持っているだけでは発症しません。肝臓にある肝炎ウィルスに対して、体の免疫機能により抗体をつくり、ウィルスを撃退しようとしたときに、肝細胞も同時に破壊してしまい、そのために炎症を起こした状態が肝炎なのです。また、免疫により肝炎ウィルスが完全に取り除かれれば一般的に肝炎は数ヶ月で治まります。

慢性肝炎は発症後6ヶ月以上にわたり肝臓の炎症が続くもので、肝臓病の中では一番多いものです。また、この症状が続くと、肝硬変へと進展することがあります。

劇症肝炎は急性肝炎のうちで約1%がなるといわれ、急激な肝細胞の破壊が生じて、意識障害や急性の肝不全状態となる疾患です。普通の急性肝炎の場合、黄疸が出た後1週間ほどすると自覚症状がやわらいできますが、劇症肝炎の場合は症状がますます悪化し、肝性脳症という意識障害が起こってきます。原因は約8割はウィルスですが、劇症化するメカニズムはまだ不明です。一度劇症化すると約70~80%の死亡率という、肝臓病でもっとも死亡率の高い疾患です。