肝臓について


肝臓のしくみとはたらき

肝臓は体の右上腹部、横隔膜のすぐ下にある、人間の中で最も重い臓器で、体重の約2%といわれ、健康な成人では1.2~1.5kgの重さがあります。

また、非常に多くの機能があり、体に重要な役割を持っています。多くの仕事をおこなうために2000種類以上の酵素が活躍しているといわれています。

肝臓の機能は、場所によっての差が少なく、また、再生能力が強いため、多少の損傷を受けても、通常通りの役割をこなします。その反面、役割がこなしきれなく、そのために何らかの自覚症状が出てきた場合には症状がかなり進行していることが多く、「沈黙の臓器」とよばれます。

肝臓に入ってくる血管には、酸素を運ぶ冠動脈と、小腸や胃、膵臓、脾臓、胆嚢などからの栄養素などが運ばれてくる門脈があります。この門脈は肝臓特有の静脈です。そして、小腸から取り入れられた栄養素や毒素などを分解、加工し、肝静脈、下静脈をへて心臓に送られ、全身に供給されます。

肝臓の働きとしては、代謝、解毒、排泄、血液量の維持などがあります。

代謝とは、小腸から吸収された栄養分(たんぱく質、脂質、炭水化物など)を分解、合成することをいい、体に必要な栄養として血液中に放出します。

解毒とは、体内に入った毒素や薬などを分解し、体に無害なものとする事です。たとえばたんぱく質が分解されたときに出るアンモニアを尿素にして体外に排泄する、また、、アルコールを分解することなどがよく知られています。また、脂肪の分解手助けする胆汁をつくり、十二指腸に排泄します。あまった栄養素をたくわえたり、血液量をコントロールする働きなど、多くの役割を担っています。