その他の肝炎


劇症肝炎

肝臓は、体に必要な物質の合成や薬や有害物質の分解、解毒など重要な働きをしています。劇症肝炎とは、その肝細胞が急激に広範囲にこわされて、肝性昏睡などとともに、急性肝不全を引き起こすものです。急性肝炎として治療をおこなっている中で、突然、肝機能障害が重篤化して劇症化する事例が多いようです。なぜ劇症化するのかはいまだわかっておらず、発症した場合には死亡率が70~80%となる疾患です。

劇症肝炎とは肝炎のうち、体がだるい、発熱、吐き気、黄疸などの症状がみられたあと、8週間以内に肝性昏睡Ⅱ度以上の脳症をきたし、プロトロンビン時間40%以下を示すものと定義されています。

肝性昏睡Ⅱ度とは日時、場所、人物に対する認識が難しくなり、計算、字などを書けなくなるような症状です。

プロトロンビン時間とは血液中にある血液の凝固因子に関する指標で、正常では70%以上です。

劇症肝炎には内科的な救命率の違いによって発症後10日以内に肝性脳症が発症する急性型と、それ以降に発症する亜急性型にわけられており、急性型では約50%、亜急性型では約20%の救命率となっています。肝炎の原因によっても救命率は異なってきます。

原因はウィルス性のものと薬物性のものとに大きく分かれますが、わが国の場合、約80~90%がウィルス性です。しかし、原因の特定は場合によって難しく、原因不明といわれるものも多いようです。

検査では、肝機能、腎機能、血液凝固因子などについて行われます。とくにプロトロンビン時間の測定は劇症肝炎診断のもととなります。そのほか、肝臓でつくられる蛋白質(凝固因子も含む)や脂質の状態をみるものや、ビリルビン抱合能、ヒト肝細胞増殖因子も重要な検査項目となります。

劇症肝炎を発症した場合は、原因にかかわらず、肝臓のはたらきを補うための人口肝補助療法をおこなうことが必要となります。患者の血液を取り出し、そこから血球以外の成分(血漿)を取り除き、健康な人の血漿と交換する血漿交換法。意識障害の原因とされる毒性物質を取り除くための血液濾過透析法。肝細胞の再生をうながすグルカゴン・インスリン療法、炎症をおさえるための副腎皮質ステロイド薬などでの治療が併用されます。また、全身の他の臓器障害に対しても適切な治療をおこなう必要があります。これらの治療によって肝機能低下の期間をやりすごせると、そのうち正常肝細胞が再生し、回復に向かうこととなります。

しかし、このような治療をおこなっても肝機能の回復が見られない場合には、肝移植をおこなうこととなります。