その他の肝臓疾患


薬物性肝障害

色々な病気を治療するために薬は使われますが、その薬を飲んだことによって、人によっては予想されない、好ましくない作用を及ぼすことがあり、これを副作用といいます。副作用の原因となる薬の中では抗生剤が一番多く知られており、そのほかに鎮痛薬などを含む中枢神経作用薬などがあります。

その薬物によって引き起こされる肝障害を薬物性肝障害といいます。

薬物性肝障害は中毒性肝障害と薬物アレルギー性肝障害の二つに大別することができます。

中毒性肝障害は薬物の投与量と障害の程度が比例し、投与を受けたすべての人に障害があらわれ、薬物の種類によって同じような症状となる特徴があります。

現在、日本では安全のために薬剤には厳しい基準をもうけているので、使用法や使用量を守れば中毒性肝障害を起こすことはほとんどありません。

しかし、食品に分類されているサプリメントや、やせ薬、自然食品などは、法律上、安全の確保や注意事項の義務付けがないため、それ自身や添加物の成分によってしばしば中毒性障害がおこっていることが社会問題になっています。そのため、最近では薬剤性肝障害から薬物性肝障害と呼ばれるようになっています。

薬物性アレルギー性肝障害は薬物に対するアレルギー反応として生じる肝障害で薬物性肝障害の大半をしめます。投与量と無関係で、微量投与でも起こる可能性があります。投与を受けたすべての人に出現するわけではなく、さまざまな症状となる特徴があり、使用する前にその予測することは困難です。薬物の投与を中止することで改善します。重症化、遷延化する症例では薬物療法が用いられることもあります。