その他の肝臓疾患


脂肪肝

脂肪肝とは、食事によって摂取された脂肪が小さな脂肪滴となって肝臓内にとりこまれ、肝臓細胞内に過剰にたまっている状態をいいます。これは、肝臓周辺につく内臓脂肪ではありません。通常の健康な肝臓にも数%の脂肪はあるのですが、一般的には30%を越えると脂肪肝と診断されます。

脂肪肝では肝臓に脂肪がたまっていくことで徐々に肝機能が低下しますが、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。しかし、進行していきますと、肝臓周辺が重く感じたり、倦怠感や食欲不振など他の肝臓病と同じような症状があらわれます。

この状態を続けていきますと、肝炎や肝硬変に進行する場合があります。

原因としては、アルコールの過剰摂取、食事、特に糖分や脂肪分の過剰摂取、糖尿病、無理なダイエットなどが上げられます。

アルコールを飲むと、肝臓で分解されて脂肪酸となりますが、この摂取が多くなった結果、

脂肪酸が増え、肝臓に中性脂肪がたまっていきます。

また、糖分や脂肪分の過剰摂取も同じように脂肪酸からつくられる中性脂肪をためていきます。

糖尿病の場合には血中のブドウ糖が増えた結果、中性脂肪が増えることになります。

最近では、無理なダイエットによって糖質不足となり、その結果、体は筋肉中のたんぱく質を糖質に変えて使っているうちに、今度はたんぱく質不足となります。肝臓から血中に脂肪を出すためには非水溶性のたんぱく質が必要なため、肝臓に脂肪がたまってしまい、脂肪肝となります。これが原因となって起こる肝炎を非アルコール性脂肪性肝炎といいます。

治療としては、原因となった状況を取り除くことが基本で、アルコールや摂取カロリーを制限したり、低脂肪で高たんぱくのバランスのとれた食事を心がけることが重要です。

また、適度な運動をおこなうことも必要です。