急性肝炎(ウィルス性肝炎)


B型肝炎の診断と治療

B型肝炎の診断はA型肝炎と同様に血液検査が重要になります。AST(GOT),ALT(GPT)などの肝臓の中に含まれる酵素の数値が高くなります。B型肝炎ウィルスは、外被部分にHBs抗原、芯の部分にHBc抗原、芯の内部にHBe抗原といわれる物質があり、体内ではそれぞれに応じた抗体がつくられます。血液中でのこれらの抗原、抗体の存在は、診断や経過を見る上で重要な目印です。

HBs抗原はB型肝炎ウィルスに感染していることを示します。HBs抗体はB型肝炎ウィルスに以前に感染し、免疫状態となっていることを示します。HBc抗原はHBs抗原に包まれているため、通常は検出できません。HBc抗体は値の高い場合はウィルスのキャリア状態を、低い場合は一過性もしくは過去の感染を示します。HBe抗原はウィルスの増殖力が強いことを示し、多量のウィルスがあり、感染力も強いことを示します。HBe抗体はウィルスの増殖が低下し、感染力も弱くなってきていることを示します。IgM型HBc抗体の値が高い場合は初めてウィルスに感染したことを、低い場合は持続感染から急激にウィルスの増殖があったことを示します。

HBs抗原陽性でIgM型HBc抗体が高い値で陽性の場合にB型急性肝炎と診断されます。

治療はA型肝炎と同様に、安静にすることが基本です。通常は2~3カ月で治癒し、HBs抗体があらわれて免疫状態となります。しかし、免疫が十分でない場合には慢性化することもあります。また、約3%程度は症状の重い劇症肝炎を起こすことがあります。

予防法は、B型肝炎の患者の血液や体液に触れないことですが、医療関係者や患者の家族の場合にはワクチンや免疫グロブリンにより一時的に免疫を得ることが可能です。