急性肝炎(ウィルス性肝炎)


C型肝炎の原因と症状

1989年にC型肝炎ウィルスの遺伝子の一部がアメリカで発見されました。C型ウィルス発見以前はA型ウィルスでもB型ウィルスでもなく、血液や体液を通じで感染するウィルスがあることが推定され、「非A非B型肝炎」と呼ばれていました。

その後の研究により、輸血を原因とする非A非B型肝炎の約90%、その他が原因の散発性急性肝炎の約40%がC型肝炎であることがわかりました。

C型肝炎ウィルスはB型ウィルスと同様に血液や体液で感染し、一過性感染と持続性感染の二つに分類されます。感染力はかなり弱くて、日常生活でうつることはほとんどなく、輸血による感染がほとんどです。

C型肝炎は肝臓に住み着きやすく、輸血による急性C型肝炎の場合は30~40%は一過性ですみますが、残りの60~70%は慢性化し、また、まれに劇症化する場合もあります。

現在では、輸血用血液に対してHCV抗体を用いたスクリーニングが実施されており輸血後肝炎の発生はかなり少なくなってきています。

輸血後肝炎の場合、潜伏期間は2~16週間で、症状は急性のA型・B型肝炎と同様、発熱、頭痛、食欲不振、全身毛倦怠感、関節痛、下痢、嘔吐などです。本来は自己免疫が強いほど症状が強く出て、肝炎ウィルスの排除が行われ慢性化しにくいのですが、一般的にC型肝炎は他の急性肝炎に比べ症状の軽い場合が多く、7割ぐらいの方が慢性化していきます。

慢性化すると自然治癒は難しく、肝硬変から肝臓がんへと徐々に症状が進行していきます。